• 本

がんばらない介護

出版社名 ダイヤモンド社
出版年月 2017年3月
ISBNコード 978-4-478-10171-1
4-478-10171-X
税込価格 1,620円
頁数・縦 230P 19cm

e-hon限定キャンペーン 介護体験マンガをプレゼント!

期間中、『がんばらない介護』をe-honでご購入、ご応募された方全員に、e-hon限定特典として、介護体験マンガ「もう一人でガンバらなくても大丈夫 大丈夫」(電子書籍)をプレゼントいたします。

    

キャンペーン期間:2017年3月6日(月)〜4月7日(金)

※1.マンガは『ハハ、お元気ですか めぐろのY子より』の著者である、めぐろのY子さん作です。
※2.ご購入・ご応募いただいた方に、プレゼントダウンロードページのURLをメールにてご連絡いたします。(予約購入もエントリー可能です)
※3.配信は、書籍発売後の3/21(火)、3/28(火)、4/4(火)、4/11(火)を予定しています。

商品内容

要旨

だいじょうぶ。もっとラクなやり方、ありますよ。介護の心を軽くする36のコツ。

目次

第1章 「1人でがんばらなくていいんですよ」―介護保険制度やサービスを使いこなす方法(「どこに相談すればいいの?」迷ったら“介護のよろず相談所”地域包括支援センターへ
「制度が複雑でわからない…」介護のことは自分で勉強せず、専門家に聞くのが早い ほか)
第2章 「仕事を辞める必要はないんですよ」―介護と仕事を両立させる方法(「介護の大変さ、わかってほしい」1人で抱え込まず、愚痴や弱音を吐ける相手や場所をつくる
「特別扱いはできないよ」介護休暇をフル活用し、有給休暇は自分のために使う ほか)
第3章 「家族だからって辛抱しなくていいんですよ」―家族間のトラブルを解決する方法(「あの親の介護をなぜ私が?」関係がよくない親なら、愛ある介護じゃなくていい
「私1人に押しつけないで!」きょうだいとは得意なことを分担、親戚はイイトコどりで ほか)
第4章 「息抜きの時間が一番大切なんですよ」―“介護うつ”にならない方法(「施設に行かせるのはかわいそう」親がいやがるのは最初だけ。介護サービスはどんどん利用する
「入浴や食事をゆっくりしたい!」介護の場から完全に離れて、自分の時間をつくる ほか)
第5章 「自分の人生を優先していいんですよ」―介護で人生をあきらめない方法(「たびたび帰省する時間がない」遠距離介護こそ、介護サービスをフル活用する
「私だけ幸せになっていいの?」介護を理由に、恋愛や結婚をあきらめてはいけない ほか)

おすすめコメント

認知症の祖母、重度身体障害の母、知的障害の弟を1人で21年間介護し続ける理学療法士だから知っている、介護の心を軽くする36のコツ だいじょうぶ。もっとラクなやり方、ありますよ

出版社・メーカーコメント

入院や介護の際に必要な行政サービスやお金について解説した「教科書」や「体験談」は、これまでにも多数刊行されているが、「会社を辞めなければいけないの?」「どこに相談したらいいの?」「イライラや絶望感をどう乗り越えたらいいの?」といった介護者のメンタルケアの側面から解説した本は皆無。 「教科書」は、いきなり介護に直面した初心者の手引書としては重宝するが、介護の渦中および周辺にいる人の悩みや苦しみの解決にはなりにくい。また、介護予備軍の人にとっても「実際の介護の現場」で何が起こるのかを知る手立てがない。 そこで本書では、著者の体験や相談者たちのエピソードを紹介しながら、「介護の現場で起こっていること」「介護者がつぶれないための、介護の心をラクにする方法」を紹介していく。その基本となる考え方が「がんばらない介護」。 21年間にわたって認知症の祖母、重度身体障害(身障1級・要介護5)の母、知的障害の弟、の家族3人を1人で介護してきた著者は、かつて「がんばりすぎる介護」をしたことによって絶望の淵に立たされた。そのときにわかったのは「介護は1人で抱え込んでがんばってはいけない。もっとラクにやらないと介護者が自滅してしまう」ということ。 理学療法士としての長年の経験と知識とスキルに、心理学やコーチングの手法も取り入れながら、介護者たちに共通する心の悩みを解決するためのヒントを1冊にまとめたのが本書であり、本書を読むことによって、介護者の苦しみが軽減され、悲惨な事件がこれ以上増えないことを望む。

著者紹介

橋中 今日子 (ハシナカ キョウコ)  
理学療法士。リハビリの専門家として病院に勤務するかたわら、認知症の祖母、重度身体障害の母、知的障害の弟の家族3人を21年間にわたって1人で介護する。仕事と介護の両立に悩み、介護疲れをきっかけに心理学やコーチングを学ぶ。自身の介護体験と理学療法士としての経験、心理学やコーチングの学びを生かして、介護と仕事の両立で悩む人、介護することに不安を感じている人に「がんばらない介護」を伝える活動を全国の市区町村で展開中。企業では、介護離職防止の研修も担当(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)