• 本

世界のビジネスエリートが身につける教養西洋美術史

出版社名 ダイヤモンド社
出版年月 2017年10月
ISBNコード 978-4-478-10394-4
4-478-10394-1
税込価格 1,728円
頁数・縦 255P 19cm

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

商品内容

要旨

これ一冊で、名画の背景を語れるようになる。美術の裏側にある、欧米の歴史、価値観、文化を読み解く―。美術の見方が変わる、グローバルスタンダードの教養が身につく。

目次

第1部 「神」中心の世界観はどのように生まれたのか?―ギリシャ神話とキリスト教(なぜ、古代の彫像は「裸」だったのか?―ギリシャ美術
ローマ帝国の繁栄と、帝国特有の美術の発達―ローマ美術 ほか)
第2部 絵画に表れるヨーロッパ都市経済の発展―ルネサンスの始まり、そして絵画の時代へ(西洋絵画の古典となった3人の巨匠―ルネサンス
都市経済の発展がもたらした芸術のイノベーション―北方ルネサンス ほか)
第3部 フランスが美術大国になれた理由―“偉大なるフランス”誕生の裏側(絶対王政とルイ14世―フランス古典主義
革命前夜のひとときの享楽―ロココ ほか)
第4部 近代社会はどう文化を変えたのか?―産業革命と近代美術の発展(「格差」と「現実」を描く決意―レアリスム
産業革命と文化的後進国イギリスの反撃―イギリス美術 ほか)

おすすめコメント

世界のビジネスエリートがごぞって身につける教養「西洋美術史」をわかりやすく解説。約2500年分の美術、そして関連する世界史の知識が一気に身につきます。これまで以上に「美術」が身近になると同時に、グローバルスタンダードの教養が身につく、あなたの世界観を広げる一冊です

著者紹介

木村 泰司 (キムラ タイジ)  
西洋美術史家。1966年生まれ。米国カリフォルニア大学バークレー校で美術史学士号を修めた後、ロンドンサザビーズの美術教養講座にてWORKS OF ART修了。ロンドンでは、歴史的なアート、インテリア、食器等本物に触れながら学ぶ。東京・名古屋・大阪などで年間100回ほどの講演・セミナーを行っている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)