• 本

聖地巡礼 コンティニュード

出版社名 東京書籍
出版年月 2017年9月
ISBNコード 978-4-487-80842-7
4-487-80842-1
税込価格 1,944円
頁数・縦 359P 19cm

商品内容

目次

1日目 時空の交差点(はじまりの対馬(概略 魏志倭人伝)
小茂田浜(元寇、日露戦争)
法清寺(お胴塚、平安時代の仏像) ほか)
2日目 日本の源流と海民(海を走る人々
〓知(けち)(古墳時代遺跡)
大船越 ほか)
3日目 天と海と地と人と(亀卜の雷神社
多久頭魂神社
龍良山 ほか)

著者紹介

内田 樹 (ウチダ タツル)  
1950年東京生まれ。思想家・武道家。神戸女学院大学名誉教授。専門はフランス現代思想、武道論、教育論など。現在、神戸市で武道と哲学のための学塾「凱風館」を主宰している。主な著書に『私家版・ユダヤ文化論』(文春新書・第6回小林秀雄賞受賞)『日本辺境論』(新潮新書・2010年新書大賞受賞)などがある
釈 徹宗 (シャク テッシュウ)  
1961年大阪府生まれ。浄土真宗本願寺派・如来寺住職。相愛大学教授。専門は比較宗教思想。特定非営利活動法人リライフ代表。私塾「練心庵」も主宰。論文「不干斎ハビアン論」で第5回涙骨賞、『落語に花咲く仏教』で第5回河合隼雄学芸賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)