• 本

属国民主主義論 この支配からいつ卒業できるのか

出版社名 東洋経済新報社
出版年月 2016年7月
ISBNコード 978-4-492-21227-1
4-492-21227-2
税込価格 1,728円
頁数・縦 356P 19cm

商品内容

要旨

「尊米攘夷」化する日本。自発的隷従の論理と心理を抉り出す!「コスパ化」「消費者化」「数値化」「幼稚化」「階級化」をキーワードに徹底討議!「永続敗戦」レジームで対米従属を強化する日本。いつ、主権を回復できるのか。どのようなかたちで、民主主義を実現できるのか。

目次

第1章 さらに属国化する日本の民主主義(加速する属国化
主権回復と否認という病 ほか)
第2章 帝国化する国民国家と霊性(グローバル化とローカル化の波
世界とリズムがずれている日本 ほか)
第3章 コスパ化する民主主義と消費社会(大衆の幼稚化とデモクラシーの危機
反米から親米への転換点 ほか)
第4章 進行する日本社会の幼稚化(幼稚化する老人たち
旦那芸を復活せよ ほか)
第5章 劣化する日本への処方箋(社会の土台は倫理である
身体性を回復せよ ほか)

出版社・メーカーコメント

尊米攘夷の永続敗戦レジームを強化する日本。いつ、どのようなかたちで主権回復し、民主主義を実現できるのか?2人の知性が徹底討議。

著者紹介

内田 樹 (ウチダ タツル)  
1950年東京生まれ。思想家、武道家、神戸女学院大学名誉教授。東京大学文学部仏文科卒業、東京都立大学大学院博士課程中退。専門はフランス現代思想、武道論、教育論、映画論など。凱風館館長、多田塾甲南合気会師範。著書に『私家版・ユダヤ文化論』(文春新書、第6回小林秀雄賞受賞)、『日本辺境論』(新潮新書、新書大賞2010受賞)、などがある。第3回伊丹十三賞受賞
白井 聡 (シライ サトシ)  
1977年東京生まれ。政治学者、思想史家、京都精華大学人文学部専任講師。早稲田大学政治経済学部政治学科卒業、一橋大学大学院社会学研究科博士後期課程単位修得退学。博士(社会学)。著書に『永続敗戦論』(太田出版、第35回石橋湛山賞、第12回角川財団学芸賞受賞)などがある(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)