• 本

日本詩歌思出草

出版社名 平凡社
出版年月 2017年4月
ISBNコード 978-4-582-83756-8
4-582-83756-5
税込価格 2,052円
頁数・縦 247P 19cm

商品内容

要旨

名著『逝きし世の面影』の著者が若き日より心の拠りどころとし、生きる糧としてきた詩歌を厳選・紹介しながら私的昭和史を綴る、珠玉の歴史・文学エッセイ。

目次

日本詩歌思出草
書くこと生きること

著者紹介

渡辺 京二 (ワタナベ キョウジ)  
1930年京都生まれ。大連一中、旧制第五高等学校文科を経て、法政大学社会学部卒業。評論家。河合文化教育研究所主任研究員。主な著書に『北一輝』(毎日出版文化賞受賞、ちくま学芸文庫)、『逝きし世の面影』(和辻哲郎文化賞受賞、平凡社ライブラリー)、『黒船前夜』(大佛次郎賞受賞、洋泉社)など多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)