• 本

米中台現代三国志

出版社名 勉誠出版
出版年月 2017年8月
ISBNコード 978-4-585-23059-5
4-585-23059-9
税込価格 1,620円
頁数・縦 253P 19cm

商品内容

要旨

中国・台湾の直接交流で火花を散らした蔡英文と習近平。最高指導者となっても、静かに戦い続けている。トランプは「一つの中国」をどこまで切り崩せるか?積年の取材経験から、アメリカ・中国・台湾の政治状況を冷徹に分析、関係者の証言を加えて見える真剣勝負のゆくえ。

目次

1 「一つの中国」を巡る攻防
2 中台衝突の歴史と抑止力としての米国
3 習近平が見据える「台湾」
4 習近平のキャリアを固めた福建省時代
5 台湾から見た習近平
6 中国の対台湾政策
7 蔡英文が対峙する「中国」

著者紹介

近藤 伸二 (コンドウ シンジ)  
1956年、神戸市生まれ。1979年、神戸大学経済学部卒業、毎日新聞社入社。香港支局長、台北支局長、大阪本社経済部長、論説副委員長などを歴任。1994〜95年、香港中文大学に留学。2014年、追手門学院大学経済学部教授、2017年、同大学オーストラリア・アジア研究所長兼任(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)