• 本

再考・医療費適正化 実証分析と理念に基づく政策案

出版社名 有斐閣
出版年月 2016年8月
ISBNコード 978-4-641-16483-3
4-641-16483-5
税込価格 3,888円
頁数・縦 290P 22cm

商品内容

目次

第1部 医療費適正化の根拠と意味を考える(医療費問題と医療費適正化政策の展開
医療費適正化の根拠と意味内容)
第2部 医療費の増加要因を分析する(医療費のどこが増えているのか
医療費はなぜ増えるのか
複雑な要因をひもとく)
第3部 医療費適正化の政策評価と重点対策地域(医療費適正化政策を評価する
医療費適正化の重点対策地域と有効な方法をみつける)
第4部 求められる医療費適正化政策(医療費適正化政策群を評価する
生命と自由を守る医療保障の理念
生命と自由を守る医療費政策)
補論 より深く知りたい読者のために

著者紹介

印南 一路 (インナミ イチロ)  
1992年、シカゴ大学経営大学院にてPh.D.取得。現在、慶應義塾大学総合政策学部・大学院政策・メディア研究科教授。一般財団法人医療経済研究・社会保険福祉協会医療経済研究機構研究部長(専攻:医療政策と意思決定論・交渉論)。中央社会保険医療協議会公益委員。主な著作に、『「社会的入院」の研究―高齢者医療最大の病理にいかに対処すべきか』(東洋経済新報社、2009年、第52回日経・経済図書文化賞、第1回政策分析ネットワーク賞本賞を受賞)などがある(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)