• 本

疲れない身体(からだ)の作り方 実用的、効率的かつ美しい和の身体作法

出版社名 アスペクト
出版年月 2014年2月
ISBNコード 978-4-7572-2274-8
4-7572-2274-2
税込価格 1,512円
頁数・縦 156P 19cm

商品内容

要旨

実用・省略・美、850年の昔から伝わる和の身体技法で、疲れない身体を作る。

目次

第1章 「疲れる身体」を見直す(身体の使い方を間違っていないか 電車の中で、見てみよう
無理・無駄で、雑な動きにまつわる8つの「もったいない」 ほか)
第2章 立つ(見るからに残念な「立ち姿」と美しい「立ち方」
脊柱にそった自然体でいるため内腿を意識し、体幹を鍛える ほか)
第3章 歩く(カッコ悪くて、疲れる「歩き方」見分けるポイント
正しく歩くコツ 重心は中心から外れず、平行に ほか)
第4章 座る(座り方が悪いからしびれる 本来なら疲れない座り方
腿を短く座る マスターしたい正座 ほか)
第5章 物を持つ、無駄のない動きをする(物を扱う、持つ 身体を疲れさせる横着と粗雑
基本・物は腰で持つ 重い物は軽く、軽い物は重く ほか)
第6章 日常で心がけたいこと(意識的に「意識して正す」浅い呼吸をやめ、深い呼吸を
生命の糧をいただく食事 疲れる食べ方、見直そう ほか)

目録情報

美しい立ち居振る舞いができれば、身体は疲れない。小笠原流若宗家が教える、美しい身体作法。(スポーツ・健康科学書総目録2017年版)

出版社
商品紹介

所作の美しい人は疲れない身体を持っている。

出版社・メーカーコメント

所作の美しい人は疲れない身体を持っている!

著者紹介

小笠原 清基 (オガサワラ キヨモト)  
三十一世小笠原清忠の長男として昭和55年(1980年)東京都世田谷区に生まれる。三歳で弓馬の稽古を始め、鎌倉・鶴岡八幡宮の流鏑馬神事にて、小学五年生で射手を務める。大阪大学を卒業後、筑波大学大学院にて神経科学博士を取得。「家業を生業にしない」という家訓により、現在は製薬会社に勤務する傍ら、全国の門人と共に各地で神事を執行している。日本女子体育大学弓道部監督、NPO法人小笠原流・小笠原教場理事長(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)