• 本

居合道日本史

出版社名 叢文社
出版年月 1997年11月
ISBNコード 978-4-7947-0276-0
4-7947-0276-0
税込価格 12,960円
頁数・縦 357P 22cm

商品内容

要旨

歴史の表と裏で「剣」はなにを果たしたか?―盲点を突く老研究者の金字塔。外国の刀とちがって日本刀にはなぜ霊気がこもっているか。林崎甚助は居合道の祖でなく中興の祖。武道の究極の極意は?剣と死生観。定説となっている「手のうち」に疑義あり。古流居合と近代居合のちがい。夜居合い。捕縄居合。蒲座居合。寝居合。様切りと試し斬り等。付記「武道家必読文献集」。

目次

日本刀の歴史
日本刀は霊器である
居合道の歴史
起請文
居合とは何か
居合道とは何か
居合道と剣道のちがい
古流居合と近代居合のちがい
礼儀作法
身支度〔ほか〕

目録情報

歴史の表と裏で「剣」はなにを果たしたか?盲点を突く老研究者の金字塔。(歴史図書総目録より)