• 本

人はなぜ宇宙人に誘拐されるのか? 自我を形作る「意識」と「無意識」の並列システム

出版社名 竹書房
出版年月 2017年7月
ISBNコード 978-4-8019-1123-9
4-8019-1123-4
税込価格 1,944円
頁数・縦 335P 19cm

商品内容

要旨

「自我」を守るためなら嘘もつく、無意識下の脳で働く驚異のメカニズム。神経科学×哲学×心理学、イェール・ニューヘイヴン病院神経科医が教える脳科学の最新知見。

目次

第1章 ルーク・スカイウォーカーは側頭葉に住んでいる―知覚、夢、外界の創造
第2章 ゾンビは車で通勤できるのか?―習慣、自制、人間の無意識的行為の可能性
第3章 タイガー・ウッズは頭の中でボールを打っている―運動制御、学習、メンタル・シミュレーションの力
第4章 起きていないことを思いだすことができるのか?―記憶、感情、自己中心的な脳
第5章 人はなぜ宇宙人に誘拐されるのか?―超常的な体験、物語、奇妙な信念の発達の検証
第6章 統合失調症患者にはなぜ声が聞こえるのか?―言語、幻覚、自己と非自己の識別
第7章 催眠術で人を殺させることはできるのか?―注意、影響、潜在意識への暗示の力
第8章 “もうひとりの自分”の眼鏡を共用できないのはなぜか?―人格、トラウマ、自我の防衛機制について

著者紹介

スタンバーグ,エリエザー・J. (スタンバーグ,エリエザーJ.)   Sternberg,Eliezer J.
イェール・ニューヘイヴン病院神経科医
水野 涼 (ミズノ リョウ)  
出版翻訳者。宮城県出身。明治学院大学卒業(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)