• 本

試合に勝つためのマル秘偵察術 プロアマ共用野球選手に贈る

出版社名 日刊スポーツ出版社
出版年月 2016年3月
ISBNコード 978-4-8172-0340-3
4-8172-0340-4
税込価格 1,404円
頁数・縦 123P 21cm

商品内容

要旨

勝敗は「分析」で9割決まる!プロ球団のゲーム分析を担当するアナリストが今までになかった野球の見方を伝授。

目次

第1章 データ分析の心構え(データ分析の原点はメモ
試合の最小単位は「1球」
戦いはホームベース上で起きている ほか)
第2章 投手を分析する(打球速と打球角度にこだわる
1試合で「10球」の迷いがあると負ける
腕の軌道で球の散り方がわかる ほか)
第3章 打者を分析する(ヒットになりやすい打球の種類は?
ライナーを打てるゾーンを探す
得意なゾーンでも勝負する ほか)

目録情報

プロ野球のゲーム分析を担当するアナリストが今までになかった野球の見方を伝授。(スポーツ・健康科学書総目録2017年版)

著者紹介

神原 謙悟 (カンバラ ケンゴ)  
1982年生まれ、東京都目黒区出身。高校まで硬式野球部でプレー。都立高校の監督を務めたあと、大学の硬式野球部や県立高校のアナリストを担当。県立高校を秋季関東大会ベスト8に導くなど、チームの躍進に大きく貢献した。2014年夏からはプロ野球の世界に場を移し、ゲーム分析と育成を担当している
大利 実 (オオトシ ミノル)  
1977年生まれ、横浜市港南区出身。港南台高校‐成蹊大。スポーツライター。アマチュア野球を主なフィールドに取材、執筆活動を行なっている。特に中学軟式野球に関しては、第一人者的存在。有料メルマガ「メルマガでしか読めない中学野球」などでも情報を発信している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)