• 本

宝くじで1億円当たった人の末路

出版社名 日経BP社
出版年月 2017年3月
ISBNコード 978-4-8222-3692-2
4-8222-3692-7
税込価格 1,512円
頁数・縦 357P 19cm

商品内容

要旨

「友達がゼロの人」「子供を作らなかった人」「家を買わなかった人」…普通の会社員が下した選択を待ち受ける、23の末路。みんなとは違うけど、読み進むほど心が軽くなる!

目次

第1章 やらかした人の末路
第2章 孤独な人の末路
第3章 逃げた人の末路
第4章 変わった人の末路
第5章 怠惰な人の末路
第6章 時代遅れな企業の末路
第7章 仕事人間の末路

おすすめコメント

「宝くじで1億円当たったら……」。こんな淡い期待を胸に、宝くじ売り場につい並んでしまうビジネスパーソンも多いのではないでしょうか。果たして、「宝くじで1億円当てた」後に待ち受ける末路とはどんなものなのでしょうか。「大学時代からバックパッカーを続けて、20代を放浪の旅人として過ごせば、どんな人生が待ち受けているのか」 「30〜40代で友達がゼロの会社員が孤独な生活を続けていったら、最終的に人生はどうなるのか」 「キラキラネームを子供に付けてしまったら、その子の将来はどうなってしまうのか」――。いずれも、何となくWやばいことWになりそうなのは分かります。でも、その先の人生がどうなるか、正確に教えてくれる人はなかなかいません。こうした疑問に、しっかり答えられる人も少ないはずです。グローバル化とITの革新によって、私たちの人生の選択肢は、飛躍的に広がりました。誰もが、その気になれば、大抵の挑戦はできる。そんな時代に私たちは生きています。でもその割には、「いろいろ挑戦して人生を楽しんでいる人」って少ないと思いませんか? みんな実は、人生で一つの「選択」をした後、どんな「末路」が待ち受けているかよく分からなくて、不安なのだと思います。だったら、気になる様々な人生の「末路」を、専門家や経験者に取材してしまえばどうか。本書で紹介するのは、「結婚」「マイホーム購入」「進路」といった、自分の意思で決められる選択だけではありません。「宝くじ当選」のような受動的な選択も含まれます。それはそれで、その末路を知っておくことは、思わぬ幸運(不運)が舞い込んだ際の心構えになると思います。いろいろな「末路」を知れば、きっとあなたの心は解き放たれます。「好きなように生きていい」。専門家と著者が導き出す多様な「末路」が、そんなふうに、そっとあなたの背中を押すはずです。≪主な内容≫ 宝くじで1億円当たった人の末路/事故物件借りちゃった人の末路/キラキラネームの人の末路/ 「友達ゼロ」の人の末路/子供を作らなかった人の末路/賃貸派の末路/ 自分を探し続けた人(バックパッカー)の末路/電車で「中ほど」まで進まない人の末路/ 外国人観光客が嫌いな人の末路/8時間以上寝る人の末路/体が硬い人の末路/ ワイシャツのしたに何を着るか悩む人の末路…など、多様な「末路」を23本収録!

著者紹介

鈴木 信行 (スズキ ノブユキ)  
日経ビジネス副編集長。1967年生まれ。1991年慶応義塾大学経済学部卒業、同年日経BP社に入社。「日経ビジネス」、日本経済新聞産業部、「日経エンタテインメント!」、「日経トップリーダー」を経て、2011年1月より現職。中小企業経営、製造業全般、事業承継、相続税制度、資産運用などを中心に取材(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)