• 本

辛酸なめ子と寺井広樹の「あの世の歩き方」 漫画とリポートでめぐる「死後の世界」

出版社名 マキノ出版
出版年月 2017年3月
ISBNコード 978-4-8376-7253-1
4-8376-7253-1
税込価格 1,512円
頁数・縦 190P 19cm

商品内容

要旨

漫画とリポートでめぐる「死後の世界」。すてきな天国ライフを送る秘訣が満載!死んでも困らない究極のガイドブック。

目次

第1章 図らずも「あの世」を見てしまった人たち(この世での時間に関係なく「完成した人」は天国へ行き今生を生ききるほど天国ライフも充実
子供時代の3度の臨死体験で得た不思議な力であの世と交信して先祖の声を聞く
すべての人は生死によってあちらの世界とこちらの世界を行き来している
死は肉体という「地球服」を脱ぐだけ 学びのための次の課題を持って生まれ変わる
人にはおおぜいの守護霊団がついていて究極の親心で見守っている)
第2章 「あの世」と「この世」を自在に行き来する人たち(死後の世界には誘導瞑想で誰でも行けて迷っている魂の救出もできる
ヘミシンクで体外離脱やあの世への旅ができ亡くなった人との交流も可能になる
人間は精神世界に生きる人と物質世界に生きる人に大別され各々の世界を大切にするのが今生の務め
意識とハートを広げればハイヤーセルフが見つかり過去世の自分とも会える
海の彼方にあるニライカナイという楽園で先祖は暮らし私たちを見守っている)
第3章 あくなき「あの世」の探求者たち(驚くべき過去生記憶を語る子供たち―生まれ変わりについて知れば人生が豊かになる
イメージの中で死を体験する「死の体験旅行」―本当に大事なものは何かを突きつけられる)

著者紹介

辛酸 なめ子 (シンサン ナメコ)  
1974年、東京都生まれの埼玉県育ち。武蔵野美術大学短期大学部デザイン科グラフィックデザイン専攻卒業。学生時代からさまざまな方面での創作活動を行う。漫画家、コラムニストとして活躍中
寺井 広樹 (テライ ヒロキ)  
怪談蒐集家、涙活プロデューサー。1980年、神戸市出身。同志社大学経済学部卒業。作家の志茂田景樹氏とともにグリーフケアの一環として「天国ポスト」を創設。2017年1月から笑顔のお別れ会「笑顔葬」をスタート(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)