• 本

自分は自分人は人 争わない「生き方」

WIDE SHINSHO 175

出版社名 新講社
出版年月 2012年8月
ISBNコード 978-4-86081-447-2
4-86081-447-9
税込価格 864円
頁数・縦 187P 18cm

書店レビュー 総合おすすめ度: 全2件

  • なんで自分とあの人はこんなに違うんだろう・・・なんで自分はできないの・・・
    そう思ってしまうことってありますよね。でも良いんです!
    だって一人ひとり違うのは当たり前じゃないですか。
    自分は自分らしく自分にしかできないことで結果が出せるんです。
    それが何気なくやったほんの些細なことでも―

    (2015年9月8日)

  • 争うの、好きですか?

    争うのが嫌いな人ー…という呼びかけに手を挙げたくなった方。是非、読んでみて下さい。(と言っても争い好きな人ってあまりいないですよね)「この本は争うのが嫌いな人にのんびりやれ、という本でなく、競争などしなくてもちゃんと結果を出すことができる人のための方法論を紹介」(本文より)している本です。その中から一つだけご紹介しますと…。会議等終了後の「率先して後片付けをする人」のエピソードが個人的に非常に好きです。地味な締めくくりをいかに率先してやれるか。黙って動くだけで、背中でリーダーシップを発揮できる人…。格好いいですねえ。私も争い事は嫌いです。自分の主義主張なりを「譲って通す」みたいな、そんなやり方が理想ですけどね。

    (2015年2月11日)

他の書店レビューを見る

商品内容

目次

「自分は自分、人は人」で人生が楽になる
いつでも「現在進行形の人」でいよう
「気さくさ」を身につけておこう
節目を大切にしよう
礼儀はつねに「一対一の関係」と考えよう
「思い込み」の強い人ほど幼児性が目立つ
代役・代理でも力を発揮できるのが争いの嫌いな人
「率先して後片づけをする」人は勝ち組になる
「読書の世界」が争いを忘れさせる
相手のコツを「盗む」ことが大切
「自分の時間割」を守ろう
「じっくり話し合う」姿勢を貫こう
人の数だけいろいろな勝ち方がある

著者紹介

和田 秀樹 (ワダ ヒデキ)  
1960年大阪府生まれ。東京大学医学部卒、東京大学医学部付属病院精神神経科助手、米国カール・メニンガー精神医学学校国際フェローを経て、現在は精神科医。和田秀樹「こころと体のクリニック」院長。国際医療福祉大学教授。ヒデキ・ワダ・インスティテュート代表。一橋大学国際公共政策大学院特任教授。川崎幸病院精神科顧問(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)