• 本

感情的にならない話し方

WIDE SHINSHO 224

出版社名 新講社
出版年月 2016年5月
ISBNコード 978-4-86081-544-8
4-86081-544-0
税込価格 972円
頁数・縦 190P 18cm

商品内容

要旨

どうすれば感情的にならずに話せるか。「自分は正しい」「相手は間違っている」と思ったとき読む本。

目次

プロローグ 「感情的にならない話し方」のためのルール
第1章 イライラするのは相手のせい?自分のせい?
第2章 やわらかく、はっきりと伝える話し方
第3章 「知らない」と無視せず「教えて」と呼びかけよう
第4章 「言いたいことはわかる」と受け止める話し方
第5章 「わたしの間違いでした」と素直に言えますか?
第6章 「どっちなの!」と答えを急がせていませんか?
第7章 「ありがとう」は相手を信じる話し方
エピローグ 嫌いな人でも正しいことを言います

出版社・メーカーコメント

ベストセラー『感情的にならない本』続編。本書では、精神科医の著者が、どうすれば、「感情的にならずに話せるのか」をテーマに、その具体的方法と感情の対処法を提唱します。人間は感情の生きもの。だから、感情的になってしまうこと自体は仕方がありません。だれかと話していて、イライラ、ムカムカしてくること、不快になることは誰にでもあります。しかし、話しの相手は、職場の人、仕事の相手、日常生活でつきあわなければならない人。今後も顔を合わせなければならないし、利害も絡んできて、関係を悪くしてはならないのです。感情的になるわけにはいかない。にもかかわらず、怒りを抑えることがむずかしい。こういう場合でも、最低限『怒鳴る、いらつく、相手を傷つける悪意のある言葉を吐くといった「感情的」な態度や行動を表に出さない』というルールを守ろうと決めておけば、少しは自分を見失うことなく切り抜けることができる、とアドバイスします。

著者紹介

和田 秀樹 (ワダ ヒデキ)  
1960年大阪府生まれ。東京大学医学部卒、東京大学医学部附属病院精神神経科助手、米国カール・メニンガー精神医学学校国際フェローを経て、現在は精神科医。国際医療福祉大学教授。ヒデキ・ワダ・インスティテュート代表。一橋大学国際公共政策大学院特任教授。川崎幸病院精神科顧問(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)