• 本

きょうもまた好奇心散歩

出版社名 新講社
出版年月 2016年11月
ISBNコード 978-4-86081-549-3
4-86081-549-1
税込価格 1,512円
頁数・縦 213P 19cm

商品内容

要旨

歩くのは脚でだが眼も頭も散歩する。散歩は発見の母・雑学知識の素。池内式散歩術による好奇心散歩エッセイ。

目次

1 晴れても降っても散歩日和(せんべい三角行脚―浅草・深川・銀座
小麦の炒り方―千葉県野田市
富士山発拝み―中央区日本橋界隈 ほか)
2 きょうもキョロキョロ好奇心散歩(キョロキョロする―日本橋・上野不忍池・新江戸川公園
哲学する庭―東京都中野区
草刈島近辺―東京都北区 ほか)
3 きょうも行きずり夢見がち散歩(牧野式フローラひとり占め―東京都練馬区
鳥になる―多摩都市モノレール
野川今昔物語 ほか)

おすすめコメント

散歩は発見の母、雑学知識の素。歩くのは脚だが、眼も頭も散歩する。好奇心に満ちた「日々発見の池内式散歩」を巡るエッセイ。

著者紹介

池内 紀 (イケウチ オサム)  
1940年兵庫県姫路市生まれ。ドイツ文学者。エッセイスト。主な著書に『ゲーテさんこんばんは』(桑原武夫学芸賞)、『海山のあいだ』(講談社エッセイ賞)、『恩地孝四郎』(読売文学賞)など。訳書に『カフカ小説全集』(全6巻、日本翻訳文化賞)、『ファウスト』(毎日出版文化賞)など。山や町歩きに関する本も多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)