• 本

琵琶湖八珍 湖魚の宴絶品メニュー

出版社名 海青社
出版年月 2017年1月
ISBNコード 978-4-86099-309-2
4-86099-309-8
税込価格 1,980円
頁数・縦 196P 21cm

商品内容

目次

第1章 湖魚を捕る(日本遺産「琵琶湖の伝統的漁法」
琵琶湖漁業の特徴 ほか)
第2章 湖魚料理の特徴(日本遺産「琵琶湖の湖魚食」
ナレズシ ほか)
第3章 琵琶湖八珍(琵琶湖八珍の提案
ビワマス ほか)
第4章 これも美味しい「裏八珍」(ウナギ
コイ ほか)
第5章 他所者魚を食べる(ブラックバス
ブルーギル ほか)

おすすめコメント

多種多彩な琵琶湖八珍メニューレシピをオールカラーで270余掲載。裏八珍八種、ギル・バスを含む四種も加えて、湖魚の宴を堪能する

著者紹介

大沼 芳幸 (オオヌマ ヨシユキ)  
1954年山形県新庄市生まれ。1982年私立佛教大学博士後期課程中退。1983年滋賀県教育委員会文化財専門職員採用。2011年滋賀県立安土城考古博物館副館長。2015年公益財団法人滋賀県文化財保護協会普及専門員。2016年「琵琶湖八珍の取り組み」に対して博物館活動奨励賞受賞。琵琶湖をめぐる文化史を考古・歴史・美術・民俗・漁業・環境など幅広い視点から研究し、成果の普及活動を行っている。特に精神文化の視点から独特の城郭論を展開するほか、自洲正子の著作を通して、琵琶湖の文化の魅力発信にも力を入れている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)