• 本

箱根駅伝監督 人とチームを育てる、勝利のマネジメント術

出版社名 カンゼン
出版年月 2015年11月
ISBNコード 978-4-86255-326-3
4-86255-326-5
税込価格 1,728円
頁数・縦 255P 19cm

商品内容

要旨

自身も元箱根駅伝ランナー!初の単行本。国民的行事、“箱根”を制するために何が必要なのか?箱根駅伝出場強豪校の名将たちが明かす、指導哲学&組織づくりの秘訣。9者9様のチーム戦略。

目次

第1章 箱根駅伝を制した最新マネジメント―日本体育大学/東洋大学/青山学院大学
第2章 トップを目指す組織のマネジメント―駒澤大学・大八木弘明監督/東海大学・両角速監督
第3章 “弱者が強者に勝つ”ためのチームマネジメント―亜細亜大学・岡田正裕監督(現・拓殖大学監督)/中央学院大学・川崎勇二監督
第4章 「チーム」と「個」を輝かせるマネジメント―拓殖大学・米重修一元監督/早稲田大学・渡辺康幸前監督(現・住友電工監督)

目録情報

“箱根駅伝”を制するためには何が必要なのか?強豪校の名将たちが明かす指導哲学と組織づくり(スポーツ・健康科学書総目録2017年版)

おすすめコメント

強豪校や名門校はどうやってチームを鍛え上げているのか。各大学の監督への徹底取材から明かされる指導論や哲学とは。

出版社・メーカーコメント

国民的行事、"箱根駅伝"を制するために何が必要なのか? 箱根駅伝出場強豪校の名将たちが明かす、指導哲学&組織づくりの秘訣とは

著者紹介

酒井 政人 (サカイ マサト)  
スポーツライター。1977年、愛知県生まれ。「箱根」を目指して東京農業大学に進学。1年時に出雲駅伝5区、箱根駅伝10区出場(チームは総合8位)。2年時には日本インカレのハーフマラソンに出場した。故障で競技の夢をあきらめ、大学卒業後からライター活動を開始。現在は『Tarzan』『月刊陸上競技』『東洋経済オンライン』などに執筆中。ライター業のほかに、有限責任事業組合ゴールデンシューズの代表や、ランニングクラブ「Love Run Girls」のGMも務めている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)