• 本

監獄と流刑 イヴァーノフ=ラズームニク回想記

出版社名 成文社
出版年月 2016年6月
ISBNコード 978-4-86520-017-1
4-86520-017-7
税込価格 5,400円
頁数・縦 374P 22cm

商品内容

要旨

逮捕、投獄、監視、拷問を伴う尋問、流刑―。ソ連時代、政治的に悪しき思想傾向の持ち主として、その対象であり続けた著者の告発の書。

目次

第1章 最初の洗礼(一九〇一年三月四日、カザン聖堂広場
地区警察署と騎兵連隊馬場 ほか)
第2章 二〇年後(物理学徒から作家の途へ
家宅捜査、「左派エスエルの陰謀」 ほか)
第3章 記念日(一九三三年、二重の記念日
家宅捜査 ほか)
第4章 流刑(ノヴォシビルスク送り
ノヴォシビルスクの二か月、サラトフへ ほか)
第5章 復習(一九三七年、三度目の逮捕、モスクワへ
ブティルカの「日常生活」 ほか)

著者紹介

松原 広志 (マツバラ ヒロシ)  
1942年茨城県日立市生まれ。京都大学大学院文学研究科博士課程修了。龍谷大学名誉教授。専門は西洋史(ロシア思想史)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)