• 本

心を耕す剣道 小林英雄対談集

出版社名 体育とスポーツ出版社
出版年月 2014年4月
ISBNコード 978-4-88458-272-2
4-88458-272-1
税込価格 2,560円
頁数・縦 318P 19cm

商品内容

目次

品位風格は求める稽古の積み重ねで身につく(倉澤照彦)
面の極意は、身体全体で乗っていき、相手の構えを割って打ち抜く(寺地種寿)
小野派一刀流とキリスト教 時代に即応できてこそ古流剣術の価値がある(笹森建美)
剣道とコンディショニング 経験値と科学の融合で剣道はさらに進化する(齋藤実)
無我夢中で数をこなすと自然に腕が仕事を覚えていく(鈴木謙伸)
子どもの剣道人口は、増やすことも大事だが継続させることはもっと大事だ(恵土孝吉)
複雑怪奇な現代こそ武道が果たす役割は大きい(甲野善紀)
羽賀準一の剣道 生誕百年、師匠の教えを守り伝えていくこと(卯木照邦)
年齢を自覚して挑戦することこそが尊い(高崎慶男)
剣居一体の修行 長い刀は短く使うということ(伊藤知治)〔ほか〕

著者紹介

小林 英雄 (コバヤシ ヒデオ)  
昭和17年熊本県生まれ。鎮西高校卒業後、神奈川県警察に奉職。全日本選手権大会出場、国体優勝、明治村剣道大会、全日本東西対抗出場など。第12回世界剣道選手権大会男子日本代表監督。現在、神奈川県警察名誉師範、神奈川県剣道連盟会長、東京大学剣道部主席師範。剣道範士八段(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)