• 本

DISCRETE CITY

出版社名 TOTO出版
出版年月 2004年12月
ISBNコード 978-4-88706-247-4
4-88706-247-8
税込価格 3,240円

商品内容

要旨

集落調査‐設計‐都市論の展開。原広司の活動を結ぶラインが、ひとつの理論に結実。未だ見えぬ夜明けの都市を垣間見ようとする、都市理論と「実験住宅ラテンアメリカ」をめぐる実践の記録。

目次

1 Essay 離散性について―連結可能性と分離可能性をめぐる小論
2 Interview 「ディスクリート・シティ」と「実験住宅ラテンアメリカ」をめぐるディスクール
3 Document 「実験住宅モンテビデオ」の記録
4 Drawings 「実験住宅モンテビデオ」のための手描き図面集

著者紹介

原 広司 (ハラ ヒロシ)  
1936年神奈川県生まれ。59年東京大学卒業。64年同大学大学院博士課程修了。82年より東京大学生産技術研究所教授。現在、同大学名誉教授およびウルグアイ国立大学Profesor Ad Honorem。主な受賞として、1986年日本建築学会賞(田崎美術館)。88年村野藤吾賞ならびにBCS賞(ヤマトインターナショナル)。95年日本建築学会作品選奨(内子町立大瀬中学校)、BCS賞(梅田スカイビル)、BCS賞(札幌ドーム)など(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)