• 本

Touchstone大橋晃朗の家具

出版社名 TOTO出版
出版年月 2006年9月
ISBNコード 978-4-88706-273-3
4-88706-273-7
税込価格 3,024円
頁数・縦 319P 21cm

商品内容

要旨

機能を超えて、かたちを超えて、デザインの臨界に至った珠玉の家具を初公開を含む写真、スケッチ、ドローイング、図面で網羅。多木浩二、伊東豊雄、坂本一成によるテキスト、最後のインタビューも収録。もう巡り遭えない家具たちがここにある。すべてのデザイナーに贈りたい一冊。

目次

概念とイマジネーションの重奏
大橋晃朗さんについて想うこと
1973‐1983
1984‐1990
ドローイング、データ
補遺 家族ゲーム、文化ゲーム―文化の錯綜体としての家具

出版社
商品紹介

数々の斬新な作品を手掛けつつも1992年に若くして急逝した家具デザイナー大橋晃朗の作品を写真・図面とともに紹介。

著者紹介

多木 浩二 (タキ コウジ)  
1928年兵庫県生まれ。東京大学文学部美学美術史学科卒業。千葉大学教授退官後、評論家として著作に集中する
伊東 豊雄 (イトウ トヨオ)  
1941年京城生まれ。1965年東京大学工学部建築学科卒業。1971年URBOT設立。1979年伊東豊雄建築設計事務所に改称。1986、2003年日本建築学会賞作品賞、2002年ヴェネツィア・ビエンナーレ建築展金獅子賞、2006年王立英国建築家協会ゴールドメダルなど受賞多数
坂本 一成 (サカモト カズナリ)  
1943年東京都生まれ。1971年東京工業大学大学院博士課程を経て武蔵野美術大学建築学科専任講師、77年助教授。1983年東京工業大学助教授、91年〜教授。1990年「HouseF」で日本建築学会賞作品賞、1992年「コモンシティ星田」で村野藤吾賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)