• 本

小さな矢印の群れ 「ミース・モデル」を超えて

TOTO建築叢書 4

出版社名 TOTO出版
出版年月 2013年11月
ISBNコード 978-4-88706-339-6
4-88706-339-3
税込価格 1,512円
頁数・縦 195P 19cm

商品内容

要旨

雑木林的空間をもつ建築へ。閉じた箱ではない「開いた場」的モデルへ展開する小嶋一浩の思考と実践。

目次

第1章 “小さな矢印”が自在に動く場所を、建築を通してどう生み出せるのか?
第2章 黒と白
第3章 Fluid流れるもの
第4章 Cultivate耕すように建築する
第5章 自然・集落・都市20世紀の前と後
第6章 雑木林的:空間の問題として
第7章 “小さな矢印の群れ”から“白の濃淡”へ

著者紹介

小嶋 一浩 (コジマ カズヒロ)  
1958年、大阪生まれ。京都大学工学部建築学科卒業、東京大学大学院修士課程を経て、同大学博士課程在籍中の1986年にシーラカンス(1998年シーラカンスアンドアソシエイツ、2005年よりCAtに改組)を共同設立、パートナーとして国内外で数多くのプロジェクトを実現している。東京大学助手を経て、1994年〜2004年東京理科大学助教授、〜2011年教授ののち、2011年より横浜国立大学大学院/建築都市スクールY‐GSA教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)