• 本

新・運動会で1番になる方法 走力がグングン伸びる決定版ドリル

増補改訂版

出版社名 ラウンドフラット
出版年月 2013年10月
ISBNコード 978-4-904613-22-1
4-904613-22-8
税込価格 1,620円
頁数・縦 143P 21cm

商品内容

要旨

ボルトの速さには理由がある。走動作の本質を知り、動きを変える走りの教科書。子どもから大人まで誰でもできる走力パワーアップドリル。

目次

第1章 運動会で1番になる本当の意味(負けた悔しさ、勝った喜びが子どもを成長させる
以前の自分よりも速く走る 運動会でこそ個人のタイムを計ろう! ほか)
第2章 ボルトの走りはどこから来たか(跳躍選手の身体はなぜ細いのか?最新スポーツ科学が明かす影の主役「腱」
筋肉と腱 ほか)
第3章 「運動会で1番になる必勝ドリル」を行う前に知っておきたいこと(「トレーニング」と「ドリル」の違いとは?
「筋感覚」をつかみ、正しく走る ほか)
第4章 運動会で1番になる必勝ドリル(動きづくりのためのベーシックドリル
走力改善スプリントドリル)
第5章 運動会の花形、紅白対抗リレーで1番になる方法(北京五輪の400メートルリレーで日本がメダルを取れた理由
スピードロスをゼロに近づける、これがリレー必勝法の極意 ほか)

目録情報

スポーツ科学の最新知見と走力改善ドリルからリレー必勝法までの豊富なドリルを収録。(スポーツ・健康科学書総目録2017年版)

著者紹介

深代 千之 (フカシロ センシ)  
1955年群馬県生まれ。東京大学大学院教育学研究科修了。博士(教育学)。東京大学大学院総合文化研究科教授。日本バイオメカニクス学会理事長。国際バイオメカニクス学会元理事。公益財団法人日本陸上競技連盟元科学委員。スポーツバイオメカニクス研究の第一人者として、トップアスリートの動作分析から子どもの発育発達まで、幅広く研究している。保健体育教科書の作成にも関わり、日本の体育教育に関するオピニオンリーダーである
齊藤 秀樹 (サイトウ ヒデキ)  
SAA監督。1959年東京都生まれ。小学校教員、白井市・印西市の教育委員会指導主事、教頭を経て、現在印西市立原小学校校長。教職生活の傍ら、17年間に渡り休日を利用してSAAを指導(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)