• 本

はるまで、くるる。 春の日のような、甘くて果ての見えない、悪夢と終末のハーレム

出版社名 桜雲社
出版年月 2017年3月
ISBNコード 978-4-908290-29-9
4-908290-29-6
税込価格 1,296円
頁数・縦 343P 19cm

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

商品内容

要旨

目覚めると、そこは温泉宿を思わせる寮舎。俺のほかには4人の見知らぬ女の子。全員、記憶喪失。周囲には青い山々と美しい海…そして、空の果てまでのびる用途不明の建築物。「3ヶ月後、迎えにくる」という謎のメモを見つけた俺たちは、誰もいないこの場所で、自給自足の生活を始めることに―。驚愕の世界観が話題を呼んだ名作ゲーム「はるくる」の感動が、再び。

おすすめコメント

萌えゲーの枠を超える衝撃的かつ感動的な世界観で、高く評価されたゲーム「はるくる」。その完全小説化がついに実現!! [永遠に終わり続ける世界]で繰り返す[3ヶ月のハーレム生活]の結末とは!?   目覚めると、そこは人里離れた場所。空の果てまでのびる用途不明の建築物。「3ヶ月後、迎えにくる」という謎のメモを見つけた俺たちは、自給自足のハーレム生活を始めるが・・・。

著者紹介

渡辺 僚一 (ワタナベ リョウイチ)  
ゲームシナリオライター、小説家(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)