• 本

鬼灯の冷徹 1

モーニングKC 2017

出版社名 講談社
出版年月 2011年5月
ISBNコード 978-4-06-387017-6
4-06-387017-0
税込価格 596円
頁数・縦 122P 19cm
シリーズ名 鬼灯の冷徹

書店レビュー 総合おすすめ度: 全3件

  • 誰も知らない地獄の日常

    生前に悪事を犯した人間は死後閻魔大王により、地獄に落とされる。その閻魔大王の補佐官である鬼灯様の日常を描いた作品であり、画風や作品テーマとは裏腹に非常にギャグ要素の強い作品となっております。オススメです。

    (2014年2月17日)

  • ツッコミどころ満載です

    や、天国も地獄も人手不足で大忙し!
    そんな時は鬼灯様にお願いだ!!
    どんな問題ごとも鬼灯様がいればスパッと解決!??

    (2013年11月10日)

  • 「この鬼、超ドS!」「だって鬼だもん」

    閻魔大王の第一補佐官・鬼灯(ドS)と愉快な仲間(?)たちのハートフル(?)コメディ。テンポが良くて、ブフッと笑える作品です。

    (2013年10月25日)

他の書店レビューを見る

出版社・メーカーコメント

人にとっての地獄。それは鬼にとっての日常なのです。 ドSな補佐官・鬼灯に、上司の閻魔大王は涙、涙……そんな日常です。 あの世には天国と地獄がある。地獄は八大地獄と八寒地獄の二つに分かれ、さらに二百七十二の細かい部署に分かれている。そんな広大な地獄で、膨大な仕事をサラリとこなす鬼神。それが閻魔大王第一補佐官・鬼灯である! 冷徹でドSな鬼灯とその他大勢の わりかし楽しげ地獄DAYS!