• 本

空色勾玉

出版社名 徳間書店
出版年月 1996年7月
ISBNコード 978-4-19-860539-1
4-19-860539-4
税込価格 1,836円
頁数・縦 366P 19cm

商品内容

要旨

村娘狭也の幸せな日々に、影を落とすのは昔の記憶…「鬼」に追われた六歳の自分。十五になった祭の晩に、「鬼」はついに追いついた。『おまえは「闇」の氏族の巫女姫だ』と告げられて、憧れの「輝」の宮に救いを求める狭也。だが、宮の神殿で縛められて夢を見ていた「輝」の末子、稚羽矢との出会いが、狭也の運命を大きく変えていく…神々が地上を歩いていた古代の日本「豊葦原」、光と闇がせめぎあう戦乱の世を舞台に、「水の乙女」と「風の若子」の冒険と成長、運命の恋を描き、圧倒的な人気を博したファンタジー。10代から。

目録情報

神々が地上を歩いていた古代日本,光と闇がせめぎあう戦乱の世を舞台に織り上げられた物語。(ヤングアダルト図書総目録より)

おすすめコメント

水の乙女の青の勾玉。手にしたのは15歳の村娘狭也。そして、「輝」の宮の末子との出会いが狭也を不思議な運命へと導きます。神々が地上を歩いていた古代日本、光と闇がせめぎあう戦乱の世を舞台に織り上げられたファンタジーです。