• 本

日日是好日 「お茶」が教えてくれた15のしあわせ

出版社名 飛鳥新社
出版年月 2002年1月
ISBNコード 978-4-87031-491-7
4-87031-491-6
税込価格 1,620円
頁数・縦 237P 20cm

商品内容

要旨

週に一回、「お茶」の稽古に通ううち、気がつけばもう25年。「失恋」「父の死」「コンプレックス」…、辛い季節を「お茶」とともに乗りこえた、感動の成長ヒストリー。

目次

茶人という生きもの
「自分は何も知らない」ということを知る
頭で考えようとしないこと
「今」に気持ちを集中すること
見て感じること
たくさんの「本物」を見ること
季節を味わうこと
五感で自然とつながること
今、ここにいること
自然に身を任せ、時を過ごすこと
こもままでよい、ということ
別れは必ずやってくること
自分の内側に耳をすますこと
雨の日は、雨を聴くこと
成長を待つこと
長い目で今を生きること

おすすめコメント

五感で季節を味わうよろこび。週に一回「お茶」の稽古に通ううち、気がつけばもう25年。「失恋」「父の死」「コンプレックス」・・・。辛い季節を「お茶」とともに乗りこえた、感動の成長ヒストリー。

著者紹介

森下 典子 (モリシタ ノリコ)  
1956年、神奈川県横浜市生まれ。日本女子大学文学部国文学科卒業。『週刊朝日』のコラム「デキゴトロジー」の取材記者を経て、1987年にその体験を描いた『典奴どすえ』(角川文庫)を出版。それ以後、体験ルポ、エッセイなどを雑誌に執筆している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)