• 本

予知夢

文春文庫

出版社名 文藝春秋
出版年月 2003年8月
ISBNコード 978-4-16-711008-6
4-16-711008-3
税込価格 594円
頁数・縦 270P 16cm

書店レビュー 総合おすすめ度: 全1件

  • オカルト?ミステリー?

    前回の「探偵ガリレオ」よりもオカルトちっくが増しているような感じですが、ご存知天才物理学者湯川学が謎を解きます。オカルト担当?刑事になってしまった草薙俊平が助けを求めてきますが、この友人?を物理が苦手なのを知ってるのにからかったり好きでもないインスタントコーヒーを飲ませようとしたり2人のやりとりも面白く笑いもありますが、いざ事件になればホームズとワトソンのように大活躍です。、ある事件では女性が不倫相手の目の前で自殺しますが、その二日前にその女性が自殺するのをみたという少女が現れて・・・「予知る(しる)」など5つの事件を解決します。また、この2人の活躍を長編で読みたい方は「容疑者Xの献身」をご覧ください。

    (2007年9月1日)

商品内容

要旨

深夜、16歳の少女の部屋に男が侵入し、気がついた母親が猟銃を発砲した。とりおさえられた男は、17年前に少女と結ばれる夢を見たと主張。その証拠は、男が小学四年生の時に書いた作文。果たして偶然か、妄想か…。常識ではありえない事件を、天才物理学者・湯川が解明する、人気連作ミステリー第二弾。

おすすめコメント

深夜、十六歳の少女の部屋に男が侵入、母親に猟銃で撃たれた。男は十七年前に少女と結ばれる夢を見たと言う。天才科学者湯川、参上。

著者紹介

東野 圭吾 (ヒガシノ ケイゴ)  
1958年、大阪生まれ。大阪府立大学電気工学科卒。エンジニアとして勤務しながら、1985年、「放課後」で第31回江戸川乱歩賞受賞。1999年、「秘密」で第52回日本推理作家協会賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)