• 本

蹴りたい背中

出版社名 河出書房新社
出版年月 2003年8月
ISBNコード 978-4-309-01570-5
4-309-01570-0
税込価格 1,080円
頁数・縦 140P 20cm

書店レビュー 総合おすすめ度: 全2件

  • 単行本を買って、りさたんの世界に浸って欲しい

    史上最年少の芥川賞受賞で話題と売上をさらう.文藝春秋で作品を読んだヒトも改めて単行本を買って、綿谷りさの描く高校生の孤独に浸って欲しい.グループから外れている私とにな川が主人公。はずれぶりと孤独ぶりを描いて見事。私(ハツ)は、にな川の背中を蹴りたいが、読者は私とりさたんを蹴りたくなる.

    (2004年3月21日)

  • ベタボメしたくないけど、やっぱベタボメ。

    ああぁぁぁぁあ。なんて愛おしい、何て切ないのに愛おしい。日常の切り取り以外のナニモノでもないのに、なんで文章にこんなに惹かれるんだろうか。前作のインストールは、あまりにもプロットや登場人物がこなれていた。だから「で?」という感じが先にして、「確かに文章や表現は素敵なんだけどねぇ」なんて皮肉めいた感想しかでなかった。今作もインストールと比べて、別段文章表現能力が際立ったわけでも、キャラクターも変わっているわけではない。相変わらずの文章で、相変わらずの物語。それが今作は、プロット自体よりも、最後の11行のための小説という感じがして、それがとても胸にぐっと来たのだ。「多分」だけど、彼女は書きたいから書くをちゃんと実践している貴重な存在なんでは無かろうかと思ってしまった。あと、キャラクター小説じゃないけど、ハツ激ラブ(違)。

    (2003年8月30日)

他の書店レビューを見る

商品内容

文学賞情報

2003年 第130回 芥川賞受賞

要旨

愛しいよりも、いじめたいよりももっと乱暴な、この気持ち。高校に入ったばかりの“にな川”と“ハツ”はクラスの余り者同士。臆病ゆえに孤独な二人の関係のゆくえは…。

目録情報

クラスの余り者同士のハツと蜷川。アイドルに夢中の蜷川の存在が気になって…。芥川賞受賞作。(ヤングアダルト図書総目録より)

おすすめコメント

【第130回 芥川賞受賞作品】第38回文芸賞を17歳で受賞した『インストール』から二年。第二作目にあたる本作で芥川賞を獲得!

出版社・メーカーコメント

高校生のハツとにな川はクラスの余り者同士。二人のゆくえは…。第130回芥川賞受賞作。

著者紹介

綿矢 りさ (ワタヤ リサ)  
1984年、京都市に生まれる。現在、大学在学中。2001年、『インストール』により史上最年少一七歳で、第三八回文芸賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)