• 本

佐賀のがばいばあちゃん

徳間文庫

出版社名 徳間書店
出版年月 2004年1月
ISBNコード 978-4-19-892000-5
4-19-892000-1
税込価格 555円
頁数・縦 237P 16cm

書店レビュー 総合おすすめ度: 全3件

  • がばいとはすごいです。

    戦後の貧しい時代に、もっともっと貧しいばあちゃんに、小学二年生の時預けられた島田洋七の話。貧しくても明るいばあちゃんと、昭和ならではの人情のある人達。笑ったり涙がポロッとでたり。第二巻、第三巻も発売中です。(岩畑)

    (2006年8月13日)

  • 笑いとともにこぼれる涙

    「がばい」というのは佐賀弁で「すごい」という意味です。島田洋七はあの漫才コンビB&Bの方です。で、これは彼が子供のころのおばあちゃんの家に預けられて過ごした思い出を書いたものです。金で買えないものはないと言ったどっかの社長とは正反対の金で買えないものはいっぱいあり貧乏は不幸ではないという真理を教えてくれます。本当に大切なことに気づかされ忘れていた感動が胸にこみ上げました。漫才師だけに各エピソードにはユーモアがあり、そして思わず泣いてしまいました。笑って泣けるとってもキュートな本です。ぜひ読んでみてください。

    (2006年5月8日)

  • 今の人たちへ・・・

    実際の著者の子供のころの話で、映画化にもなった作品です。戦後間もないころで食べるものもなく日々生きるだけで精一杯のあのころ・・・がばい(すごい)祖母と子供たちの貧乏生活、毎日が笑いに溢れ、生活は苦しいけれど毎日が楽しい・・・そんな日々が描かれています。現代は物が溢れ、食べるものにも困らない。一見幸せな暮らしをしているようにみえますが、大事な何かをなくしているような気もします。島田 洋七という人間がいかにして作られたかというのがわかり、そして自然と納得している自分に気づくでしょう・・・。

    (2006年4月25日)

他の書店レビューを見る

商品内容

要旨

昭和三十三年、広島から佐賀の田舎に預けられた八歳の昭広。そこでは厳しい戦後を七人の子供を抱えて生き抜いたがばい(すごい)祖母との貧乏生活が待っていた。しかし家にはいつも笑いが溢れ…。黒柳徹子、ビートたけしも感動した超話題作。

目次

背中を、おされて…
貧乏から貧乏へ
ピカピカの転入生
由緒正しい貧乏暮らし
一番好きで、一番嫌いだった運動会
湯たんぽが運んできた幸せ
金は天下の拾いもの!?
かあちゃんと野球少年
ばあちゃんとかあちゃん
一万円のスパイク〔ほか〕

おすすめコメント

ビートたけし氏、大絶賛!!昭和三十三年、八歳の昭広を待っていたのは、祖母との超貧乏生活だった・・・。B&Bの島田洋七が贈る痛快話題作!

著者紹介

島田 洋七 (シマダ ヨウシチ)  
1950年広島県生まれ。本名・徳永昭広。広陵高校野球部出身。’75年、洋八と漫才コンビ「B&B」を組み、爆発的な人気を博す。’83年の解散後、パーソナリティー等TVで活躍。現在、再びB&Bで活動中(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)