• 本

今日の風、なに色? 全盲で生まれたわが子が「天才少年ピアニスト」と呼ばれるまで

出版社名 アスコム
出版年月 2009年8月
ISBNコード 978-4-7762-0109-0
4-7762-0109-7
税込価格 1,620円
頁数・縦 221P 20cm

商品内容

目次

第1章 音楽の天使が微笑んだ日(ピティナ・ピアノコンペティション
金賞はあの子のもの、とささやき声が ほか)
第2章 伸行誕生、運命の宣告(コウノトリがやってきた
私の子どもだけが眠ったまま ほか)
第3章 音楽の花が開きはじめた(六カ月〜三歳)(音楽をやらせるといいかもしれませんね
生活のなかの「音」への鋭敏な反応 ほか)
第4章 人々の喝采が喜びに(三歳半〜六歳)(オルガンを弾いてとけこんだ保育園生活
ハーモニカ、琴、バイオリン…広がる音楽への興味 ほか)
第5章 演奏家へのステップ・バイ・ステップ(七歳〜)(ついに、プロの演奏家への道を一歩踏み出す
全日本盲学生音楽コンクールで一位に! ほか)

おすすめコメント

初めて生まれた息子が生後まもなく全盲とわかり、絶望と不安のなか、手探りで子育てをスタート。持ち前の積極性と行動力で子どもの可能性を引き出し、数々のコンクールやコンサートで高い評価を得るまでの、涙と感動の物語。

著者紹介

辻井 いつ子 (ツジイ イツコ)  
1960年(昭和35年)、東京に生まれる。東京女学館短大卒業後、フリーのアナウンサーとして活動。86年、産婦人科医の辻井孝と結婚し、専業主婦となる。88年に生まれた一粒種の長男・伸行が、生後まもなく全盲とわかり、絶望と不安のなか、手探りで子育てをスタート。涙と苦悩がつづいたある日、2歳になった伸行が突然、歌にあわせておもちゃのピアノを弾きはじめる。伸行の音に対する鋭敏さに気づき、これを希望の灯と思い定める。持ち前の積極性と行動力で伸行の可能性を引き出し、伸行は8歳にしてモスクワ音楽院大ホールで演奏、10歳で音楽界への登竜門といわれるピティナ・ピアノコンペティションのD級で金賞を受賞する。2000年9月(12歳)に、サントリーホールで初リサイタルを開く(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)