• 本

言海 復刻

ちくま学芸文庫

出版社名 筑摩書房
出版年月 2004年4月
ISBNコード 978-4-480-08854-3
4-480-08854-7
税込価格 2,376円
頁数・縦 1349P 15cm

商品内容

要旨

近代的なスタイルの国語辞典の第1号『言海』は、「読める辞書」としても絶大なる人気を誇ってきた。語釈には「堂々めぐり」がほとんどなく、意味の本質に迫るキリッとした名文づくし。とりわけ動物・植物・鉱物などの語釈がシブい。ユーモアすら漂う。明治時代の俗語もまじり、方言などの注記もある。用例も豊富で、古典のアンソロジーのような一面も。巻頭の「語法指南」は日本最初の近代的な文法書として愛用された。明治のことばの辞典として、また古語辞典としても役に立つ。国語辞典として使うための詳しい解説つき。縮刷版(明治37年)の内容をそのままの大きさで覆製。

おすすめコメント

芥川龍之介ほか、多くの作家たちが愛用したと言われる明治時代の国語辞典『言海』。その縮刷版を覆製した本が文庫で登場!語釈には「堂々めぐり」がほとんどなく、意味の本質に迫るキリッとした名文づくし・・・読める辞書として人気を誇る一冊です!

著者紹介

大槻 文彦 (オオツキ フミヒコ)  
弘化4年(1847年)江戸生れ。蘭学者・大槻玄沢の孫。大学南校(東京大学の前身)に学び、文部省に勤める。17年を費やして『言海』を完成させた。宮城県尋常中学校(県立仙台一高の前身)校長、国語調査委員などを歴任。文学博士、帝国学士院会員。昭和3年(1928年)、『大言海』編纂中に死去(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)