• 本

ないた

出版社名 金の星社
出版年月 2004年9月
ISBNコード 978-4-323-07047-6
4-323-07047-0
税込価格 1,404円
頁数・縦 1冊 25cm

書店レビュー 総合おすすめ度: 全1件

  • 最近いつ、泣きましたか?

    「泣くってふしぎだね。」…その涙はいったい何の涙?どうして泣いているの?悲しいの?嬉しいの?くやしいの?お父さんは泣かないの?お母さんはどうして泣いているの?…そんな「泣くこと」と「いろんな涙のわけ」についてシミジミ考えさせられる絵本。「ぼくもおとなになったら、なかなくなるんだろうか。」…男の子がそうつぶやく場面があります。私は大人になってから涙もろくなってます。最近その度合いが強まり困っています。漢が人前で涙するわけにもいかないので、誰にも涙は見せませぬが。涙もろくなるのは、より人間らしくなっている証、そう受け止めています…。私的涙もろし論はさておき、笑いや喜びだけでない「泣く」という感情について考える絵本、秋の夜長にシミジミ味わってみてはいかがでしょう。

    (2014年9月29日)

商品内容

文学賞情報

2005年 第10回 日本絵本賞 大賞受賞

要旨

いちにちいっかいぼくはなく。どうしてだろう?おとなはどうしてなかないんだろう?中川ひろたか&長新太の人気のコンビがおくる傑作絵本。

おすすめコメント

【1】おもしろい(^▽^)【2】泣く/涙【3】4才【4】5分【5】32ページ【6】220×262mm【7】いちにちいっかいぼくはなく。どうしてなくんだろう。おとなはどうしてなかないんだろう。なくってふしぎだな。第51回青少年読書感想文全国コンクール課題図書作品(読み聞かせにオススメ)

著者紹介

中川 ひろたか (ナカガワ ヒロタカ)  
1954年埼玉県に生まれる。保育士として5年間勤務した後、1987年より「トラや帽子店」を結成しバンド活動を行う。歌に「世界中のこどもたちが」「みんなともだち」などがあり、CDも多数発表。その後、絵本の文章を書き始め、『歯がぬけた』(PHP研究所)でけんぶち絵本の里大賞のびばからす賞、『わにのスワニー』(講談社)で厚生労働省社会保障審議会児童福祉文化財特別推薦を受賞
長 新太 (チョウ シンタ)  
1927年東京都に生まれる。漫画家としてデビューした後、絵本、イラストレーション、さし絵、エッセイなど幅広い分野で活躍。『キャベツくん』(文研出版)で絵本にっぽん賞、『おしゃべりなたまごやき』(福音館書店)で文芸春秋漫画賞、『ゴムあたまポンたろう』(童心社)で日本絵本賞を受賞するなど受賞作品が多数ある(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)