• 本

大むかしの生物

小学館の図鑑NEO 12

出版社名 小学館
出版年月 2004年12月
ISBNコード 978-4-09-217212-8
4-09-217212-5
税込価格 2,160円
頁数・縦 183P 29cm

商品内容

要旨

本書では、化石を通してしかうかがい知ることのできない絶滅してしまった生物たちを、最新の研究にもとづいて復元し、紹介している。

目次

先カンブリア時代
古生代(カンブリア紀
オルドビス紀
シルル紀
デボン紀
石炭紀
ペルム紀)
中生代(三畳紀
ジュラ紀
白亜紀)
新生代(第三紀
第四紀)

出版社
商品紹介

地球上に現れながらすでに滅んでしまい、化石でしか知ることのできない過去の生物を、新しい資料などで復元したイラストを中心にして紹介。

出版社・メーカーコメント

● 生命の歴史は約40億年も前に始まったと考えられています。たった一つの細胞から始まった生命は、長い時間を経ながら、さまざまに進化してきました。そして、地球はたくさんの生命で満たされた「生命の星」となっています。けれども、その「生命の歴史」の中には、子孫を残すことなく消えていった生物たちもたくさんありました。本書では、化石を通してしか知ることのできない太古の生物たちを、研究に基づいて描かれたイラストを中心にして、紹介しています。絶滅してしまった生物たちを知ることで、「私たちはどこから来てどこへ行こうとしているのか?」という疑問を解くためのヒントが得られるかもしれません。

著者紹介

平野 弘道 (ヒラノ ヒロミチ)  
早稲田大学教授
冨田 幸光 (トミダ ユキミツ)  
国立科学博物学地学研究部古生物第三研究室室長
籔本 美孝 (ヤブモト ヨシタカ)  
北九州市立自然史・歴史博物館主査学芸員
大花 民子 (オオハナ タミコ)  
財団法人自然史科学研究所主任研究員
真鍋 真 (マナベ マコト)  
国立科学博物館地学研究部古生物第三研究室主任研究官(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)