• 本

虹に願いを 環境ルネッサンスを目指して

出版社名 アットワークス
出版年月 2005年9月
ISBNコード 978-4-939042-15-7
4-939042-15-4
税込価格 1,620円
頁数・縦 315P 19cm

出版社・メーカーコメント

兵庫県西宮市での乱開発や武庫川ダム建設などに対して自然と共生する街づくりを訴える住民運動、ベトナム・韓国などとの市民レベルの国際交流活動など、長年にわたって幅広く住民運動に関わってきた著者の体験を綴った活動エッセイ。 主な内容 身近なエコロジー  屋久島の自然と人びとの暮らし 『センス・オブ・ワンダー』を観て NGOの評価 いつになったら 生ごみバイオガス化と燃料電池発電 人々が『冬ソナ』に求めるもの など21編 自然と共生する街づくり  地域の特性に見合った街づくりこそ ボス型支配に対抗するために “パブリックコメント”の罠?! 都計審に必要な市民感覚 封鎖される甲陽園の地下壕 旧国鉄用地の強引な開発計画 「職員厚遇問題」の三者の責任 住基ネットに慎重な判断を 西宮市無防備条例制定へ二万筆 非民主的だったJR西の株主総会 など28編 ダム開発と環境破壊  治水・流域事業と住民参加 武庫川ダム計画と酷似の函館・松倉ダムの運動に学ぶ 日置川の自然とダムと水害 謳い文句に過ぎぬ「参画と協働」 武庫川ダムも中止宣言を 桂川上流・日吉ダムを見学 武庫川流域委員会が出発したが 地滑り起こした大滝ダムへ 中途半端な河川改修案 など27編 地球市民の国際交流  荒涼たるアフガンに想う モンゴルの光と影 韓国へ「参与連帯」との交流の旅 小田実氏らとベトナムへの旅 ベトナムからのホームステイ など9編 あとがき 初めての私語り