• 本

孤独なボウリング 米国コミュニティの崩壊と再生

出版社名 柏書房
出版年月 2006年4月
ISBNコード 978-4-7601-2903-4
4-7601-2903-0
税込価格 7,344円
頁数・縦 689P 22cm

商品内容

要旨

つよいアメリカを支えた市民的つながりの減少は、いつ・どこで・なぜ起こったのか?様々な人と人のつながり=社会関係資本が、幸福な暮らしと健全な民主主義にとっていかに重要かを膨大な調査データから立証した全米ベストセラー。

目次

第1部 序論(米国における社会変化の考察)
第2部 市民参加と社会関係資本における変化(政治参加
市民参加 ほか)
第3部 なぜ?(時間と金銭面のプレッシャー
移動性とスプロール ほか)
第4部 それで?(教育と児童福祉
安全で生産的な近隣地域 ほか)
第5部 何がなされるべきか?(歴史からの教訓―金ぴか時代と革新主義時代
社会関係資本主義者の課題に向けて)

目録情報

ソーシャル・キャピタル=社会関係資本の多寡が幸福感や民主主義に与える多大な影響を立証。(社会図書総目録より)

著者紹介

パットナム,ロバート・D. (パットナム,ロバートD.)   Putnam,Robert D.
1941年米国ニューヨーク州ロチェスター生まれ。1970年にイェール大学で学位取得。ミシガン大学を経て、現在ハーバード大学教授。この間ハーバード大学ケネディ行政大学院学長、米国政治学会会長等を歴任した。比較政治学、国際関係を始め広範な領域で多数の編著書、論文を発表している
柴内 康文 (シバナイ ヤスフミ)  
1970年千葉市生まれ。1994年東京大学文学部卒、1999年東京大学大学院人文社会系研究科博士課程単位取得。現在同志社大学社会学部助教授。専門はメディア論・コミュニケーション論(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)