• 本

ひとり旅の途中

幻冬舎文庫 も−9−1

出版社名 幻冬舎
出版年月 2007年6月
ISBNコード 978-4-344-40972-9
4-344-40972-8
税込価格 535円
頁数・縦 163P 16cm

商品内容

要旨

辛い失恋の痛手から少しずつ回復する過程を描いた「あ、春だ」、失われた時間の尊さを綴った「木蓮の花を見ていた父」、早く大人になりたかった少女時代を思い出す「シロツメ草のグラウンドで」、静かな夜に耳の奥でかすかに鳴る音に思いを寄せる「しーん」など全20編。大人になって知った人生の「本当のこと」を紡ぎ出す珠玉のエッセイ集。

目次

二人の秘密
あ、春だ
ひとり旅の途中
甘酢の気持ち
敗れた男
黄色いセーター
シロツメ草のグラウンドで
大人になれば
愛だって訓練だ。
女友達の時代
木蓮の花を見ていた父
蛍火の涙
私の偏見
男の匂い
白鳥座
「ワケあり」の謎
茶の間の困惑
「一話読みきり」の人生
空飛ぶ夢
しーん

著者紹介

森下 典子 (モリシタ ノリコ)  
1956年神奈川県生まれ。日本女子大学文学部国文学科卒。「週刊朝日」の名物コラム「デキゴトロジー」のライターを経て、『典奴どすえ』を出版。以後、ルポ、エッセイを執筆(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)