• 本

族の系譜学 ユース・サブカルチャーズの戦後史

出版社名 青弓社
出版年月 2007年6月
ISBNコード 978-4-7872-3273-1
4-7872-3273-8
税込価格 2,808円
頁数・縦 402P 21cm

商品内容

要旨

太陽からみゆき族、暴走族、アンノン族、クリスタル族などの「族」の系譜をたどり、オタク、渋谷系、コギャル、裏原系へという「族から系への転換」を見定めて、若者文化の変容を照らし出す戦後史。

目次

第1部 「ユース・サブカルチャーズ」へのアプローチ(研究の系譜
諸状況としてのユース・サブカルチャーズ)
第2部 戦後ユース・サブカルチャーズ史(太陽族の季節
みゆき族というストリート・カルチャー
‘Youthquake’とフーテン族
旅するアイデンティティ、アンノン族
暴走族―モビリティとローカリティ
クリスタル族―クラスとテイストのセクト
おたく族からオタクへ
族の末裔としての渋カジ
しぶやけいというテイスト・ジャンル
コギャル、ジェンダー・(アン)トラブルド
裏原系という居場所)
第3部 結語

おすすめコメント

太陽族からみゆき族、暴走族、アンノン族、クリスタル族などの「族」の系譜をたどり、オタク、渋谷系、コギャル、裏原系へという「族から系への転換」を見定めて、若者文化の戦後史を描き出す。「族」や「系」を光源として日本社会を照射する若者論の力作。

著者紹介

難波 功士 (ナンバ コウジ)  
1961年、大阪府生まれ。関西学院大学社会学部教授。専攻は広告論、メディア史、ユース・サブカルチャーズ史(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)