• 本

夢をかなえるゾウ

出版社名 飛鳥新社
出版年月 2007年8月
ISBNコード 978-4-87031-805-2
4-87031-805-9
税込価格 1,728円
頁数・縦 357P 19cm

書店レビュー 総合おすすめ度: 全5件

  • 友人には絶対に紹介しない!←誤読してます。はい。

    いわゆる自己啓発本と呼ばれるジャンルの本だと思いますが、設定がものすごくゆるゆるで気張らずに読めます。成功したいと願う一介のサラリーマンのもとにインドの神さまである人間の体と象の頭を持つガネーシャが現れ(これがなぜか関西弁を使う)、サラリーマンに成功するための課題を次々に出す、というよみもの形式。そのやりとりはまるきしコント。読んでて笑いが出てしまう。

    出される課題は簡単なものばかり。しかし、なるほどなあ・・・と、逐一、ページをめくる手を止めて、書かれてあることと自分自身の生活を振りかえり想いをはせてしまう。実にかんたんな言葉でかんたんな事が書かれてあるのにである。要は「考えさせられてしまう」のである。だが、考えただけでは何も変わらないというのが本書を通じての“教え”。

    邪な心はこの本を友人に紹介せず、黙って自分ひとりだけで繰り返し読みますね・・・というのを通り越して紹介せずしてどうすると思わせる正体不明の本です。成功したい人だけ限定で読んで下さい。

    (2015年3月6日)

  • みなさん一度はどこかで置きものなど目にしたことがあるかもしれませんが・・・人間の身体と象の頭をもったインドの神様はご存知ですか?ガネーシャという名前がついている大衆神なのですが、その神様がこの本の主人公。毎日をなんとなく無為に過ごしている、現状に満足してないし人生をどうにかしたいけど、結局どうにもならないぐだぐだのサラリーマンの前にある日突然現れて、成功するための指南をしていく・・・。と、いうと単なる自己啓発書に思えるかもしれません。でもこの本の面白いところは、まず笑わせてくれる!(なぜかゾウの神様は関西弁) そしてわかりやすく簡単に書いてあるけど、内容は稚拙ではない!というところです。わたしはこれといって今の現状に不満は一切ないのですが、とりあえず試してみたいことが書いてあったので早速、始めました。(何を始めたかはヒミツ・・・)楽しいですね。改めてゆっくり考えてからはじめると、当たり前のこともとても新鮮に感じます。みなさんもこの本を読んでみて、簡単なことから行動を始めてみてはいかかでしょう?

    (2014年3月31日)

  • 夢をなくしたサラリーマンと関西弁のゾウの神様が繰り広げる、「笑えて」「泣けて」「タメになる」全く新しいエンターテインメント小説。

    (2014年3月7日)

  • 「成功法則書を読んでも人が成功しないのはなぜか?」その答えとなる一冊。漫才みたいなやりとりが笑えるのに、最後はなぜか感動してしまう、ちょっと今までになかった自己啓発モノ。

    (2013年11月29日)

  • 軽く読めて、しかも笑えます。でも、内容は濃いですよ。

    僕の家に突然やってきた居候の神様ガネーシャ。本にはガネーシャのイラストが付いているのですが、自分で思い描くのも楽しいですよ。とにかく笑わせてくれます。私も一匹(?)ガネーシャがほしいと思いました。神様に一匹は失礼ですが、こんなペットがいたらいいな。それにこのペットは、飼い主を変えてくれます。ガネーシャは、関西弁でユーモアたっぷりに語りながら、僕に毎日、変わるための課題を出してくれます。巻末にガネーシャ名言集として課題がまとめて掲載されていますが、やろうと思えば誰にでもできる簡単なことです。でも、最初から巻末の課題に目を通すことのないようにして下さい。この本は読む楽しみと、同時進行で課題を実行する楽しみを読者に与えてくれます。せっかくだから楽しまなくちゃね。(茂木克)

    (2007年10月28日)

他の書店レビューを見る

商品内容

要旨

「お前なぁ、このままやと2000%成功でけへんで」ダメダメなサラリーマンの前に突然現れた関西弁を喋るゾウの姿をした神様“ガネーシャ”。成功するために教えられたことは「靴をみがく」とか「コンビニで募金する」とか地味なものばかりで…。ベストセラー『ウケる技術』の著者が贈る、愛と笑いのファンタジー小説。

おすすめコメント

ダメダメな僕の目の前に、突然現れた”ガネーシャ”。「自分、成功したいんやろ?」なぜか関西弁で話す、とてつもなく胡散臭い神様の教えは「靴をみがく」とか「コンビニで募金する」とか地味なものばかり。こんなんで僕は成功できるの!?過去の偉人の成功例から導き出される、誰にでも一日単位でできる超実践的な成功習慣を小説に織り込んだ、世界初の成功エンタテイメント!

著者紹介

水野 敬也 (ミズノ ケイヤ)  
1976年生まれ。慶應義塾大学経済学部卒。処女作『ウケる技術』(共著)がベストセラーに。DVD作品『温厚な上司の怒らせ方』(ビクターエンターテイメント)の企画構成・脚本を手がけるなど、活動は多岐にわたる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)