• 本

奇想遺産 世界のふしぎ建築物語

出版社名 新潮社
出版年月 2007年9月
ISBNコード 978-4-10-305531-0
4-10-305531-6
税込価格 3,024円
頁数・縦 158P 23cm

書店レビュー 総合おすすめ度: 全2件

  • 「この建物いったい、なに?」、美しいのだけれど何だかヘン、奇妙なんだけれど何故かしっくりきてしまう・・・  そんな世界中のふしぎ建築の虜になった、隈研吾や藤森照信らが旅をし出会った77の奇想遺産物語。  数世紀を経て今も尚異彩を放ち続けるそれらの建築には、その形であることの「理由」があり「歴史」があり、人々に愛され続ける物語があるのです。そのインパクトに度肝を抜かれ、ドラマティックな歴史に思わずうなり、最後におとずれる小さな感動。  「建築って面白い!!」。そう思わずにはいられない、建築好きにも旅好きにも絶対オススメの一冊です。

    (2014年3月14日)

  • あらゆるものを超越した建造物

    朝日新聞に掲載された「奇想」な不思議遺産を、集約し紹介したものがこちらです。見る者を圧倒させる建造物が、美しい写真で次々と現れます。樹木に巻きつかれた寺院の姿が、木が遺産を壊すのか木が支えているのか、考えさせられるカンボジアのタ・プローム。マリにあるこの世のものとは思えない泥のモスク。フランスの“シュバルの理想宮”は、一人の郵便配達夫がコツコツと石を積み上げて33年かけて作りあげたもの。個人の住宅であるシュレーダー邸は、世界一小さな世界遺産。このようにプロの手によるものから、素人が自力建築したものまで。有名な名所を越えた、自分だけの「とっておき」を発見した喜びにあふれる本書を、是非あなたもお楽しみ下さい。

    (2007年11月22日)

他の書店レビューを見る

商品内容

要旨

時には風景までをも歪める「奇景・奇観」。都市の奇怪な象徴を意図した「奇塔・奇門」。不思議な形をきわめた「奇態」。知的研鑽を提起する「奇智」。自己流の風流をここまでやるかと思わせる「数奇」。神仏の霊験を表現した「神奇」。既成概念に確信犯的に叛く「新奇・叛奇」。どこから見ても、なんだかヘン!奇妙なかたちの建物が私たちに語りかける77の旅の物語。

目次

奇景奇観
奇塔奇門
奇態
奇智
数奇
神奇
新奇叛奇

出版社
商品紹介

その異様に圧倒され「あれっ!?」と首を傾けてしまうへんてこな建物たち。肩肘張って眺めるのではなく、建築が背負った数奇な運命を味わう旅へ。

おすすめコメント

その異様に圧倒され「あれっ!?」と首を傾けてしまうへんてこな建物たち。肩肘張って眺めるのではなく、建築が背負った数奇な運命を感じて*。わう旅へ。「朝日新聞」好評連載。

著者紹介

鈴木 博之 (スズキ ヒロユキ)  
建築史家。昭和20(1945)年生まれ。東京大学大学院工学系研究科建築学専攻教授
藤森 照信 (フジモリ テルノブ)  
建築史家。昭和21(1946)年生まれ。東京大学生産技術研究所教授
隈 研吾 (クマ ケンゴ)  
建築家。昭和29(1954)年生まれ。隈研吾建築都市設計事務所主宰。慶應義塾大学理工学部教授
松葉 一清 (マツバ カズキヨ)  
朝日新聞社編集委員。昭和28(1953)年生まれ
山盛 英司 (ヤマモリ エイジ)  
朝日新聞西部本社報道センター次長。昭和38(1963)年生まれ(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)