• 本

悦楽の園

出版社名 ジャイブ
出版年月 2007年10月
ISBNコード 978-4-86176-436-3
4-86176-436-X
税込価格 1,944円
頁数・縦 415P 20cm

商品内容

要旨

この“塔”を出るのよ。出逢いが少女を、革命家にする―相原真琴、13歳。「普通」が求められ、息詰まる学校で、彼女は見出した。パパとママと同じように、妥協せずに。相手は、驚天動地、天衣無縫の先天性不思議少年。『氷の海のガレオン』の著者が描く、気高き少年少女の物語。

出版社
商品紹介

相原真琴は、変人と思われている同級生・南の才能のために立ち上がる。疾走感の力作。

おすすめコメント

相原真琴、13歳。「革命家」の父と当時15歳の母との間に生まれ、父は失踪、母は死亡。独立心旺盛な子として育つ。ある日、クラスメイトたちに変人と思われている同級生・南から、多くの<怪奇>が描かれた絵を見せられる。南は、周囲の誰にも理解されていないが。自閉症の「天才児」であった。いつしか恋に落ちた真琴は、南と、その才能のために立ち上がる―。

著者紹介

木地 雅映子 (キジ カエコ)  
1971年生まれ。日本大学芸術学部演劇学科卒業。93年「氷の海のガレオン」が第36回群像新人文学賞優秀作となり、作家デビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)