• 本

正義の労働運動ふたたび 労働運動要論

出版社名 アットワークス
出版年月 2007年10月
ISBNコード 978-4-939042-32-4
4-939042-32-4
税込価格 1,944円
頁数・縦 238P 21cm

商品内容

目次

第1章 連帯をつむぐ―労働運動の可能性(究極のコストパフォーマンス「雇用のない経営」―拡がる「労働法のない世界」
新しい低賃金・非典型労働
最賃までデフレにされてたまるか―最低賃金闘争の現状と課題
情報権・協議権・参加権のある産業民主主義―民間における労使協議制度の展開と可能性
日本の「労働特区」=外国人研修・実習制度―中国人研修生・技能実習生の雇用管理の実態と課題
政治の扉をたたき、政策の窓をひらく―ホームレス自立支援法の成立に向けて
ニュージーランドの「市場化」実験と労使関係法の変遷―「人の市場化」―人間の尊厳に対する実験は慎重にあるべきだった)
第2章 労働運動の躍動と頂上―「西高東低型」春闘、ゼネストと労働者自主管理(産業合理化の嵐に抗する労働運動―「西高東低型」春闘・倒産争議・刑事弾圧)
田中機械の自主管理闘争
人間の尊厳を実体化しうる社会的営み―書評『日本の労働者自主管理』から
第3章 労働運動の砦・労働委員会(これでいいのか、地労委―その実践と闘い
顕在化しつつある懸念と問題―労働組合法・労働委員会規則改正後の不当労働行為事件審査の展開
「却下決定」という名の不作為の罪―大阪府労働委員会「中曽根元首相不当労働行為事件」)

出版社・メーカーコメント

非正規雇用と低賃金労働・最低賃金・ホームレス自立支援・外国人研修実習制度・「西高東低型」春闘・倒産自主管理など労働運動の成果と課題、労働委員会労働側委員の体験を通して労働運動の復権を希求し論じる。

著者紹介

要 宏輝 (カナメ ヒロアキ)  
1944年香川県生まれ。1967年横浜市立大学卒業。1967年総評全国金属労働組合大阪地方本部書記局入局、1991年書記長。1989年産別合併(第一次)=全国金属機械労働組合結成で、同大阪地方本部書記長。1999年産別合併(第二次)=JAM結成で連合大阪副会長(専従)。1993〜2003年大阪地方最賃審議会委員。1999年〜現在、大阪府労働委員会労働者委員、連合大阪なんでも相談センター相談員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)