• 本

綺想迷画大全

出版社名 飛鳥新社
出版年月 2007年11月
ISBNコード 978-4-87031-824-3
4-87031-824-5
税込価格 3,909円
頁数・縦 289P 22cm

商品内容

要旨

サルの将軍ハヌマーン、多頭の魔王ラーヴァナ、白い悪魔、飛行する仙人と空飛ぶ絨毯、西方へ飛ぶこうもり、角のない犀…など、「未知」への好奇と憧憬に満ちた「面白ヴィジュアル作品」の謎を深い洞察力と該博の知識で解き明かしつつ、読者を「視る快楽」へといざなう、綺想迷画漫遊記。

目次

1 交錯する異形(ワット・プラケオのハヌマーン
多頭怪ラーヴァナ ほか)
2 空間のあそび(空飛ぶ絨毯
ムガルの架空庭園 ほか)
3 動物たちの旅(果物を献ずるサルたち
サル絵と植民地 ほか)
4 いつものできごと(十八世紀のフィギュア・スケート
まちなみ散策 ほか)

おすすめコメント

この絵は眼にしみる。サルの将軍ハヌマーン、多頭の魔王ラーヴァナ、白い悪魔、飛行する仙人と空飛ぶ絨毯、西方へ飛ぶこうもり、角のない犀など、《未知》への好奇と憧憬に満ちた《面白ヴィジュアル作品》の謎を深い洞察力と該博の知識で解き明かしつつ、読者を《視る快楽》へいざなう、綺想迷画漫遊記。図版150余点収録オールカラー。

著者紹介

中野 美代子 (ナカノ ミヨコ)  
1933年、札幌生まれ。北海道大学文学部卒。北海道大学助手、オーストラリア国立大学助手・講師、北海道大学助教授を経て北海道大学教授を歴任。1996年、北海道大学言語文化部教授を退官。専攻は中国文学。現在、北海道大学名誉教授。中国文学者にして、シノロジー図像学の第一人者(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)