• 本

育てたように子は育つ 相田みつをいのちのことば 特装版

小学館文庫 あ13−1

出版社名 小学館
出版年月 2007年12月
ISBNコード 978-4-09-408236-4
4-09-408236-0
税込価格 607円
頁数・縦 109P 16cm

商品内容

要旨

相田みつをの書と児童精神科医の幸福な出逢い。親と子へ贈る「心のくすり」。

目次

発刊にあたって(杉浦正明)
みんなほんもの
欠点
肥料
待つ
ひとりに
出逢い
しあわせは
遠くから
いいですか
自分の番
そのままで
人間はねえ
自己顕示
育てたように
あんなにして
点数


つまづいたって
子供へ一首

出版社・メーカーコメント

「いくらのろくてもかまいませんよ」「人から点数をつけられるためにこの世に生まれてきたのではないんだよ」「そのままでいいがな」――。独特の世界観を書で表現する相田みつをのことばに、児童精神科医が文章を寄せた、すべての親と子へ贈る《心のくすり》。相田みつを本の中でも異彩を放つベストセラーが装いを新たに文庫化。両者の優しい視線やことばが様々な“凝り”をほぐしてくれる。相田みつを美術館館長の特別寄稿を新収録。

著者紹介

相田 みつを (アイダ ミツオ)  
1924(大正13)年、栃木県足利市生まれ。書家・詩人。旧制栃木県立足利中学校卒業。旧制中学のころから短歌・禅に出合い、独特の世界観を書として表現する。84(昭和59)年、『にんげんだもの』出版を機に、多くの日本人の心をとらえ、根強いファン層を拡げた。91(平成3)年12月、六十七歳で逝去
佐々木 正美 (ササキ マサミ)  
精神科医。1935(昭和10)年群馬県前橋市生まれ。新潟大学医学部卒業後、東京大学で精神医学を学び、ブリティッシュ・コロンビア大学に留学して児童精神医学の臨床訓練を受ける。国立秩父学園、小児療育相談センター勤務の傍ら、東京大学医学部、東京女子医科大学などで講師を務める。現在、川崎医療福祉大学特任教授、横浜市リハビリテーションセンター参与、ノースカロライナ大学医学部精神科非常勤教授、子育て協会顧問(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)