• 本

世界科学史話

出版社名 創風社
出版年月 2008年2月
ISBNコード 978-4-88352-139-5
4-88352-139-7
税込価格 1,296円
頁数・縦 160P 19cm

商品内容

目次

第1部 序話(古代中国における「自然」思想
「科学」と「技術」の関係と相違 ほか)
第2部 近代科学の源流1:西方の源流(古代ギリシャの科学(BC7‐BC2世紀頃)
古代ローマの科学(BC2‐AD4世紀頃) ほか)
第3部 近代科学の源流2:東方の源流(古代中国・インドの科学(BC7‐AD8世紀頃)
アラビアの科学(7‐12世紀頃) ほか)
第4部 科学革命(科学革命前夜(15‐16世紀頃)
科学革命の成立期(17世紀) ほか)
第5部 第2次科学革命(科学の基本法則の転換(20世紀前半)
巨大科学とその「副作用」(20世紀後半))

著者紹介

中村 邦光 (ナカムラ クニミツ)  
1934年(昭和9年)3月、長野県埴科郡(現千曲市)に生まれる。1957年東京理科大学理学部物理学科卒業。1970年日本大学農獣医学部専任講師。1978年国立教育研究所・板倉研究室共同研究員。1985年日本大学教授。1988年学術博士(Ph.D.)の学位を取得。1990年中国・遼寧師範大学客員教授。1995年日本科学史学会和文誌編集委員、財政委員会委員長、科学史教育委員会委員長。1997年日本学術会議第17‐18期科学史研究連絡委員。1999年日本大学生物資源科学部図書館長。現在、日本大学名誉教授。国立科学博物館「日本の科学者・技術者展」企画委員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)