• 本

奇想の江戸挿絵

集英社新書 ヴィジュアル版 008V

出版社名 集英社
出版年月 2008年4月
ISBNコード 978-4-08-720440-7
4-08-720440-5
税込価格 1,080円
頁数・縦 206P 18cm

書店レビュー 総合おすすめ度: 全1件

  • 現代のマンガ・アニメの原点

    江戸時代の浮世絵師が描く奇想の世界には現代のマンガ・劇画・アニメの原点ともいえる技法や表現が描かれている。奇想な世界に描かれた妖怪たちは怖さだけでなくユーモアさえ感じられる。大胆な数々の自然現象の表現力に驚嘆するであろう。当時の絵師たちの想像力のすごさ!!そして日本の線画文化の奥深さを思い知らされる1冊だ!!

    (2010年1月9日)

商品内容

要旨

北斎をはじめとする江戸の浮世絵師たちにとって、版本の挿絵は重要な仕事であり、そこには、物語作者とのコラボレーション、対決を通じての創造のあくなき追求を見ることができる。北斎・馬琴の『新編水滸画伝』『椿説弓張月』から無名の作者、絵師の作品に至るまで、幽霊や妖怪、異界のものたちが跋扈し、生首が飛び、血がしたたる、残虐とグロテスクに満ちた「奇想」のエネルギーが横溢しており、斬新な技法、表現、意匠の実験が絶えずくりかえされている。本書は、この膨大な版本の世界を渉猟し、新発見の図版などから、現代のマンガ・劇画・アニメにまで流れる日本の線画の伝統の大きな水脈をたどり、その魅力と今日性を浮き彫りにする。

目次

はじめに 江戸後期挿絵の魅力
第1章 「異界」を描く
第2章 「生首」を描く
第3章 「幽霊」を描く
第4章 「妖怪」を描く
第5章 「自然現象」を描く
第6章 「爆発」と「光」を描く
第7章 デザインとユーモア

出版社・メーカーコメント

江戸挿絵のアヴァンギャルドな魅力を紹介!名著『奇想の系譜』の著者が、江戸期の読本挿絵の世界を再発見する。馬琴+北斎の「八犬伝」「椿説弓張月」から無名の作品まで、膨大な作品を渉猟し、今日の漫画にも通じる魅力を掘りおこす。

著者紹介

辻 惟雄 (ツジ ノブオ)  
1932年、名古屋市生まれ。東京大学・多摩美術大学名誉教授、MIHO MUSEUM館長。東京大学大学院博士課程中退、東京国立文化財研究所美術部技官、東北大学文学部教授、東京大学文学部教授、国立国際日本文化研究センター教授、千葉市美術館館長、多摩美術大学学長などを歴任(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)