• 本

母は娘の人生を支配する なぜ「母殺し」は難しいのか

NHKブックス 1111

出版社名 NHK出版
出版年月 2008年5月
ISBNコード 978-4-14-091111-2
4-14-091111-5
税込価格 994円
頁数・縦 220P 19cm

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

商品内容

要旨

娘を過剰な期待で縛る母、彼氏や進路の選択に介入する母…娘は母を恨みつつ、なぜその呪縛から逃れられないのか?本書では、臨床ケース・事件報道・少女まんがなどを素材に、ひきこもり・摂食障害患者らの性差の分析を通して、女性特有の身体感覚や母性の強迫を精神分析的に考察し、母という存在が娘の身体に深く浸透しているがゆえに「母殺し」が困難であることを検証する。「自覚なき支配」への気づきと「自立」の重要性を説き、開かれた関係性に解決への希望を見出す、待望の母娘論。

目次

序章 なぜ「母殺し」は難しいのか
第1章 母と娘は戦っている
第2章 母の呪縛の正体をさぐる
第3章 女性ゆえの困難について
第4章 身体の共有から意識の共有へ
終章 関係性の回復のために

出版社
商品紹介

母と娘の関係をめぐる闇は深い――。注目の精神科医が、報道事例や文学作品を題材に、母娘の複雑な心の綾を鋭く読み解く意欲作。

著者紹介

斎藤 環 (サイトウ タマキ)  
1961年岩手県生まれ。精神科医。筑波大学医学研究科博士課程修了(医学博士)。現在、爽風会佐々木病院精神科診療部長。専門は思春期・青年期の精神病理、病跡学。「ひきこもり」治療の第一人者。執筆や講演などによる文化評論活動も行う(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)