• 本

かもめ食堂

幻冬舎文庫 む−2−12

出版社名 幻冬舎
出版年月 2008年8月
ISBNコード 978-4-344-41182-1
4-344-41182-X
税込価格 494円
頁数・縦 216P 16cm

書店レビュー 総合おすすめ度: 全1件

  • 泣いてるその子はきっとお腹が空いてるんです

    私が小さい頃から変わらないのは、お腹が空くと不機嫌になること。いい年して子供みたいだ、と我ながら呆れるけれど、この本を読むと、やはり人間の基本は食なのだ、ちゃんとしたもの食べなきゃ何も始まらないのだ、と開き直ってしまうのです。シナモンロールも魅力的だけど、おにぎりや定食がとにかくおいしそうで口の中がじゅわじゅわしてくるから、読み終わったらとりあえず丁寧にお米を研いでご飯を炊きました。
    こじんまりとしていて、でも堂々としているサチエさんとかもめ食堂にほっこり癒されます。もたいまさこそっくりのマサコの絵も心を潤してくれます。もちろん映画もおすすめ。
    今悩んでるあなた、お腹が空いてるときに浮かんだ考えなんてろくなもんじゃないと思うからまずおいしいもの食べてから考えましょう!

    (2009年7月16日)

商品内容

要旨

ヘルシンキの街角にある「かもめ食堂」。日本人女性のサチエが店主をつとめるその食堂の看板メニューは、彼女が心をこめて握る「おにぎり」。けれどもお客といえば、日本おたくの青年トンミひとり。ある日そこへ、訳あり気な日本人女性、ミドリとマサコがやってきて、店を手伝うことになり…。普通だけどおかしな人々が織り成す、幸福な物語。

おすすめコメント

ヘルシンキの街角にある「かもめ食堂」の店主は日本人女性のサチエ。いつもガラガラなその店に、訳あり気な二人の日本人女性がやってきて……。普通だけどおかしな人々が織り成す、幸福な物語。

著者紹介

群 ようこ (ムレ ヨウコ)  
1954年東京都生まれ。日本大学芸術学部卒業。いくつかの仕事を経て本の雑誌社に入社し、84年「午前零時の玄米パン」でデビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)