• 本

善光寺の謎 今明かされる「怨霊封じ」の真実

祥伝社黄金文庫 Gみ6−2

出版社名 祥伝社
出版年月 2009年3月
ISBNコード 978-4-396-31477-4
4-396-31477-9
税込価格 617円
頁数・縦 259P 16cm

商品内容

要旨

二〇〇九年四月、七年に一度の前立本尊の御開帳が開催される。二〇〇三年の御開帳には、六二八万人の参詣客を集めたという。本尊は果たして本当に日本最古の仏像なのか?本尊を運んだという本田善光の正体とは?「守屋柱」に隠された秘密とは?善光寺に見え隠れする渡来人の影とは?これらの疑問に最新のメスを入れ、できる限り謎のベールをはがすことが、本書に与えられた第一の目的である。そして第二に、地方一寺院としての役割を越えた、大スケールの善光寺の姿をあぶりだすことができたならば、本書のもくろみは果たされたことになる。

目次

第1章 七年に一度の御開帳(四四三の善光寺式仏と一一九善光寺の総本山
無宗派なのに天台・浄土宗の別格本山 ほか)
第2章 戦国武将を二転三転した本尊(義経の怨霊に苦しむ頼朝の祈るような再建
家康が捨てた「吾妻鏡」の記述 ほか)
第3章 物部守屋鎮魂の寺(怨霊封じの建築物には共通点がある
守屋柱の謎 ほか)
第4章 日本最古の本尊(本尊の不思議その(1)なぜ金銅仏なのか
本尊の不思議その(2)刀印の謎 ほか)
第5章 渡来人の聖地・善光寺(今明かされる本田善光の正体
百済とのつながり ほか)

著者紹介

宮元 健次 (ミヤモト ケンジ)  
東京芸術大学大学院美術研究科修了。宮元建築研究所代表。龍谷大学助教授、大同工業大学教授を歴任。テレビ番組監修・出演、講演多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)